大学の指定校推薦
我が家で初めての挑戦です。

指定校推薦までの流れを紹介します。

高校生活を真面目に過ごす

もともと勉強が得意ではない娘
でも、授業態度は真面目に過ごしました。
先生の目を見てウンウンと頷いていたみたいです。

定期テストなら、とりあえず
すごくいいわけではないのですがまぁまぁ
赤点は取らないように頑張りました。
小テストはしっかり。

実力テストや模試となると全然ですが
範囲が少ないテストに関しては
なんとかがんばれました。
短時間の勉強なら頑張れるけど受験勉強は無理と本人は常々いってました。
その分1年生から評定だけは良かったです。

ただ気になることが。

部活です。1年間はがんばれたのですが厳しくて2年次に辞めてしまいました。

そこが気になってはいましたが
先生に確認したところ
部活はあんまり関係ない。
成績で決めていくといわれたそうです。
よっぽど成績が同じくらいであれば部活動も考慮されるそうですが、
とにかく評定ということ。

これを聞いて俄然指定校推薦狙いに親子共々気持ちが固まりました。

本人も指定校推薦狙いで、校内テストは頑張るようになりました。

ただし、それ以外は勉強せず。
本来なら校内選抜で選ばれなければ、実力で受験しないといけないのに、怖いことしてました。
こればかりはいっても本人が受け入れないとだめですね。
本当に選抜通って良かったです。

指定校推薦の大学が発表される

これは高校によって違います。
夏休みの前、夏休み中、うちは夏休み後の9/11でした。
ここは、ヒヤヒヤでしたね。志望校がなかったらショックです。
毎年変動するみたいで、特に先輩たちが悪さしてしまうと減らされたり、いっさいことわられたりします。

学校によっては去年までの実績を発表してくれるそうですが、娘の高校は一切公表なし。その為、志望校の指定校推薦が過去にあったかどうかわかりませんでした。

無事志望学科2名の枠がありました。

他の生徒の動向確認

ここも大事!
自分志望校に志望者が殺到していたら大変。

中には強気に
私はここに行くから!
と宣言して他の子が入れないようにする子もいるとか。
みんな必死でさぐりあいだそうです。 
娘の志望校を聞いた友人が違う大学に変更したみたいです。
それぞれアンテナをはっていたそうです。

推薦理由、志望動機を記入し提出

1枚の指定用紙が渡され推薦理由、志望動機を記入しました。
結構時間がないんです。11日公表で15日提出。
担任の先生に見ていただき訂正しないといけない箇所もあるため、翌日に先生に提出しアドバイスを受けました。

推薦理由は、自分自身の長所や学校生活で頑張ったことを記入するのですが、部活動は途中退部したので先生からは書かないほうがいいと言われました。
結局日頃の小テストや定期テスト、授業態度のこと。など、ナルシストになりきらないといけないですね。
本屋で推薦書の書き方など購入しましたが数に限りあり。
アマゾンで予め購入すべきだと反省しました。

校内選抜の発表!!9/22

ようやく発表!
ドキドキで朝から仕事に身が入りませんでした。
発表は家に電話がはいると聞いていましたが、

うちの担任は帰り残って一人一人に伝えてくれました。

無事通りました。
良かったです。

このあとは保護者同伴の説明会が10月5日です。

長い一日でした。